ヤミ金融対策!電話帳に広告を出している貸金業者でも安心ではない理由

電話帳に広告を出している貸金業者でも安心ではない理由

ヤミ金業者が客の電話番号を集めるために電話帳にダミー広告を掲載

これは、先日、NHKの「追跡AtoZ」という番組で放送されていた実際にあったお話です。

ある主婦が実家の父親の入院費用を夫には内緒で借りようと、電話帳に載っていた貸金業者の広告が目に止まりました。

その広告には、「ご来店不要」だとか「即日振り込み」「金利は20%以下」「正規の業者」などと書いてあったそうです。

その主婦は、その業者に電話をかけましたが、誰も出ませんでした。

しかし、その後、なぜか全く知らないヤミ金業者から誘いの電話がかかってきたそうです。

どうやら、電話帳に載っていた電話番号は、ヤミ金業者が客の電話番号を集めるためのダミーの広告だったようです。

実際、広告に載っていた国の登録番号を調べてみると、番号は登録されていませんでした。

この主婦のもとには、ヤミ金業者からの電話が連日かかってくるようになりました。

そして、電話1本でお金が振り込まれる便利さに、思わず手を出してしまったと言います。

最初に借りたのは5万円。

しかし、利息は月4万円。まさに法律違反の法外に高い利息です。

この主婦は法外な利息を払うために別の業者からも借り入れしてしまいました。

その後、法外な利息を払うために様々な別の業者から借金を繰り返し、気づいた時には2ヶ月で81万5000円にも借金の額が膨らんでいました・・・。

そして、とうとう利息すら払えなくなった瞬間、家族を巻き込んだ執拗な脅しや嫌がらせが始まったそうです。

「家族に知らせるぞ。」「子供さんどこそこの小学校ですよね。無事に学校から帰れると思うな。」などと脅迫されました。

この主婦は携帯電話が鳴るたびに本当にびくびくして、極限まで追いつめられていったそうです。

参考:追跡AtoZ:漂流する主婦 〜ヤミ金に走る その理由〜

借りる前に国の登録番号を調べる

借りる前に国の登録番号を調べよう!

この主婦としては、まさか電話帳に広告を出している業者がヤミ金業者だとは思わなかったでしょう。

普通の主婦だったら、ヤミ金業者が客の電話番号を集めるために広告を出すなんてまず思わないはずです。

しかし、現実にはこのようなことが起こっているのです。

そこで、お金を借りる前に必ず確認して欲しいことがあります。

それは、国の登録番号です。

電話帳に広告を出している貸金業者でも、電話をかける前に国の登録番号を必ず確認するようにして下さい。

国の登録番号を確認する方法は簡単です。

以下のサイトでチェックすることができます。

登録貸金業者情報検索入力ページ

上のサイトで検索して出てこなかった貸金業者からは、お金を借りてもいけませんし、電話をかけてもいけません。

金融庁のサイトでも、「貸金業を行う場合には、登録を受けなければなりません。借り入れを行おうとする業者が登録業者であるかどうか「登録貸金業者情報検索サービス」を利用するか、財務局又は都道府県へ最新情報を確認しましょう。」と説明しています。

ちなみに、当サイトで紹介している消費者金融はすべて登録を受けている貸金業者です。

お金を借りるなら、なるべく当サイトで紹介している会社から借りるようにしてください。

女性のためのキャッシング・レディースローン

ランキング1位
レディース プロミス »
実質年率:6.3%〜17.8%

レディース プロミスの詳細