専業主婦が消費者金融から借り入れしづらくなっている理由

専業主婦が消費者金融からお金を借りづらくなった理由

専業主婦が消費者金融からお金を借りづらくなっている理由

総量規制が導入されて以来、専業主婦が消費者金融からお金を借りる時には3つの書類を提出する必要があります。

つまり、専業主婦がお金を借りる場合、以前と比べ、書類を用意するという手間が余計にかかり、面倒くさくなったということです。

これは、お金を貸す側、つまり、消費者金融にも当てはまります。

つまり、消費者金融にとっても、専業主婦にお金を貸す場合、書類の審査や手続き、信用調査といった作業が増えているのです。

そして、これらの作業は消費者金融で働いている社員が行うので、その分の余計なコスト(人件費)がかかるということです。

つまり、消費者金融側からしてみると、自分に収入がある人に貸す場合に比べ、専業主婦に貸す場合はコストがかかり、利益がその分少なくなるお客さんということです。

そのため、専業主婦に対する貸し付けを控える方針を打ち出している消費者金融が出てきているのです。

消費者金融各社としても、改正貸金業法以来、上限金利が29.2%から20%へと引き下げられ、ただでさえ、以前よりも利益が出づらい環境となってしまいました。

さらに、払いすぎた利息を取り戻す「過払い金返還請求」の問題もあります。

このように、以前よりも利益が出づらくなった環境の中、各消費者金融会社も生き残りをかけて、ビジネスを展開していく必要があります。

なぜなら、自社の社員の雇用を守る必要があるからです。

だから、余分なコスト(人件費)がかかる専業主婦に対する貸し出しは控えざるを得ない状況にあると言えます。

そこで、3つの書類を用意してもお金を借りることができなかった専業主婦は、パートやアルバイトでもいいでの働くことをオススメします。

これしか解決策はありませんし、家計の助けにもなります。

世の中には、専業主婦であるアナタの経験を必要としている会社があるということを忘れないで下さい。

女性のためのキャッシング・レディースローン

ランキング1位
レディース プロミス »
実質年率:6.3%〜17.8%

レディース プロミスの詳細