専業主婦が消費者金融から借り入れする時に必要となる書類

専業主婦が消費者金融から借り入れするには書類を提出する必要がある

専業主婦がお金を借りる時に必要な書類

専業主婦はその名の通り、自宅で主婦することが仕事なので、どこかに働きに出ていません。つまり、収入はありません。

改正貸金業法が完全施行される以前なら、そんな専業主婦でもお金を借りる事ができましたが、2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行され、総量規制が導入されてからは、専業主婦が消費者金融などからお金を借りる時のルールが変更されました。

ルール変更の内容は次の通りです。

3つの書類

専業主婦が消費者金融から借り入れする時には、次の3つの書類を提出する必要があります。

  1. 夫の同意書
    夫の年収で借りるので「借金していいですよ」という夫の同意書
  2. 夫の年収証明書
    源泉徴収票や確定申告書、給与明細、支払調書、年金証書など
  3. 婚姻証明書
    婚姻関係を示す住民票など

以上の3つの書類を提出すれば、原則、夫の年収の3分の1までは借り入れができるということになっています。

なっているのですが、現実にはちょっと違うことが起こっているようです。

というのも、消費者金融の中には、上記の3つの書類を提出しても、専業主婦には貸さないという会社もあるようなのです。

専業主婦が消費者金融からお金を借りづらくなっている理由はコチラをご覧ください。

女性のためのキャッシング・レディースローン

ランキング1位
レディース プロミス »
実質年率:6.3%〜17.8%

レディース プロミスの詳細