総量規制って何?専業主婦のための5分で分かる総量規制

専業主婦のための5分で分かる総量規制

5分で分かる総量規制

2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行されました。

ニュースや新聞で「改正貸金業法」という文字を目にしたことがあるのではないでしょうか。

改正貸金業法とは、その名の通り、貸金業法が改正されたのです。

つまり、お金の借り貸しをするルールが改正されたということです。

このルール改正が完全に行われたのが、2010年6月18日ということです。

そして、この日を境に(もしくはちょっと前から)、消費者金融でお金を借りられない人が増えたのです。

改正貸金業法で総量規制が導入される

改正貸金業法について私たちが知っておきたいこと以下の2つだけです。

  1. グレーゾーン金利が撤廃され、金利の上限が29.2%から20%に引き下げられた。
  2. 総量規制が導入された。

(1)のお金を借りる時の上限金利が引き下げられたことは問題ないでしょう。むしろ、利用者からしてみると、うれしい法改正ですね。

グレーゾーン金利が撤廃され、金利の上限が29.2%から20%に引き下げ

しかし、(2)の「総量規制」という言葉は、始めて耳にする人が多いのではないでしょうか。

そこで、これから「総量規制」について詳しく分かりやすく説明します。

総量規制とは?

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収の3分の1までに制限されることです。

総量規制

すでに借金がある場合は、さらにその額を引いた額が借りられる金額です。

総量規制

このように、消費者金融などからお金を借りようとしても、年収の3分の1以上は借りることができないということです。

なぜ、このような規制が導入されたのでしょうか?

それは、昨今問題になっている多重債務者を減らすためです。

つまり、借金は年収の3分の1までに抑えて、多重債務者を減らしましょうという規制です。

ただし、ここでいう借金には例外もあります。

総量規制の対象外になる借金・ローン

総量規制の対象となる借金やローンとは、「消費者金融」と「クレジットカードのキャッシング枠」を使った借り入れです。

逆に、総量規制の対象外となる借金やローンもあります。

代表的なものだと、次の借金やローンは総量規制の対象外です。

  • 銀行のカードローン
  • 自動車のローン
  • 住宅ローン
  • クレジットカードのショッピング枠

つまり、あなたがすでに年収の3分の1ほどのお金を消費者金融から借りていても、銀行のカードローンではお金を借りることができるということです。

銀行のカードローンではお金を借りることができる

その他、総量規制についての更なる詳細は、総量規制に関するよくある質問をご覧ください。

働いていない専業主婦が借りる場合

働いていない(自分に収入がない)専業主婦が貸金業者からお金を借りる場合は、3つの書類を用意しないと借りることができません。

書類を用意すれば、専業主婦でも旦那の年収の3分の1まで借りることができます。

用意する必要のある書類についてはコチラをご覧ください。

専業主婦は書類を用意すれば旦那の年収の3分の1までお金を借りられる。

女性のためのキャッシング・レディースローン

ランキング1位
レディース プロミス »
実質年率:6.3%〜17.8%

レディース プロミスの詳細